腎臓病食は豚肉と牛肉で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ろくすけの慢性腎不全に対抗するため

明らかに 人間用よりろくすけ用に力を入れている私

数日分を作り置きをするのだが あっという間に一日が過ぎるので

いっつも作っている感覚である

たんぱく質やリン制限のため 栄養素を計算することは必要だけど

ある程度決めてしまったら それを作り続けるだけなので

さほどの手間はないと思う

食いしん坊のろくすけには 食べられるうちは出来るだけ食べさせてあげたい

なかでもお肉は当然一番の好物

ずっと 鶏のささ身や胸肉を使ってきたけど もっと量を食べさせてあげたいので

鶏肉よりたんぱく質が少な目で その分量を増やせる 豚のバラ肉 が定番になった

そして お財布に余裕があるときは 牛のバラ肉 も登場!

CIMG0930

100gずつラッピング 上段が牛バラ肉 下段が豚バラ肉

ろくすけの体重16キロだと 煮込み用のお肉量はせいぜい1日100g

そのほか 野菜や生の馬肉もトッピングするので

色んな食材から色んな栄養を採り入れることができてるかな

また次の血液検査の結果次第で コントロールが必要になりかもしれないけど

(ろくすけごはんの詳細はこちらです)

ぐつぐつ煮込んでると なにやら気配が・・

CIMG0938

やっぱり君か

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です