ろくすけが居なくなって四十九日目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宗教に縁のない人生を送ってきたけれど

7年前に実父を亡くした際 実家で初めてお経に手を合わせ

初七日 四十九日 一周忌 三回忌・・・

法要を終えるたび 私の心の中の 父の居場所が定まっていった

むしろ 残された者のために 法要や供養があるのかな と感じている

だから

ろくすけが旅立っても 父の時と同じようにひとつひとつ節目を乗り越えていけば 

必ず悲しさや寂しさは小さくなっていくんだってこと わかっている

そんな今日は 四十九日

一緒に闘病を頑張った愛くるしいBiwaちゃんのお母さんから戴いた

素敵なアレンジメント🎀✨(涙涙涙(ノД`)・゜・。)

可愛い写真やカードに囲まれて ろくすけ 照れてるだろ❓

あぁ でも ろくすけ 

母ちゃん まだ毎日メソメソグズグズしてしまうもんだから

そんな母ちゃんのことが心配で心配で 虹の橋で困ってやしないだろうか?

四十九日なんだから もう引き留めるようなことしちゃダメなのになぁ

あ・・・

大丈夫そやね( ̄▽ ̄;)

ちょうど一年前のろくすけはどんなんだったかなと覗いてみたら

すでに車イスだったけど まだまだ元気な君が居たよ

そんな日が 続くはずもないのに 続くような気がしていた毎日

つくづく ろくすけには幸せをもらってたんだなぁ

父ちゃん恒例 手皿ろくすけ

やわらかい君の毛 

たるんだ顔肉 

感触はまだ手の中にあるよ

さて そろそろ今年もラストスパート💨

笑顔のろくすけだけを残して 介護グッズは片付けていかなきゃなぁ(^^;)

でも

母ちゃん これだけはどうしても手を付けられないんだよ

まだ 無理・・・

往生際悪くてごめんね

どうか もうちょっと 傍に置かせてね🙏

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です