五十肩に苦しむ皆さまっ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

四十肩 五十肩で苦しんでおられる皆さま

大丈夫 必ず治ります そう大丈夫 だから泣かないで

と 皆さまに語りかけるフリして己に暗示をかけていた私

思えば ろくすけの介護が本格化したころに始まった私は五十肩歴2年

失礼しました 写真チョイス間違えましたm(__)m

わたくしの五十肩ヒストリーは

(スタート)左手ばね指 ➡ 左五十肩 ➡ あ~やっと痛みが治まってきたわ♬

と喜ばせといて・・・まさかの ➡ 右手ばね指 ➡ 右五十肩(今ココ)

完璧なフルコース(^^;)

でも ようやく激痛から疼痛に変わって夜も寝られるようになってきた

寝るときは肩の下にクッション置いて痛みが出ないようにしても

一度寝入ってしまったら当然ながら無意識状態

寝返りを打っては激痛で起こされ一人静かに嗚咽する毎日でした

そうですよね? みなさん そうですよね? うんうん( ;∀;)

左肩よりも右肩の方が辛かったのは 利き腕利き手で動かすことが多く

その分痛みや不自由を感じたからだと思う

それにしても しめて ひと肩一年か 

これは本当に辛い 長い 泣ける・・・( ノД`)

もっと大きな痛みを抱えておられる方はいっぱい居るんだから

こんなことで泣いてはダメだ! 

泣くなっ 男だろ!(一応女です)と自分に言い聞かせ耐えてきた

そ そーだね(^^;)

この2年 ろくすけのオムツを替え 体位を変え ろくに睡眠も取れず

そんな毎日で血流も悪くなり 体幹もゆがみまくり 

それが五十肩に繋がったのかなと思うけれど 

まあ 年齢なりのホルモンバランスの乱れもあるんでしょうな( ̄▽ ̄)

時が経てば自然に治ると言われる五十肩

病院に行かない方も多いようだけど

他の病気でないかの診断はしておいた方がいいことと

先生に診てもらってる安心感 ぷらす 

ヒアルロン注射によって完治が早まってるはず! と希望を持てることで

だましだまし過ごせるようになりました

それにしても 

10月末にろくすけを亡くして ゆるりと穏やかに過ごそうと思ってたけど

五十肩の痛みはそんな悠々ライフを許してくれなかった

毎日泣いていたのは ろくすけが居ない心の痛みに加えて

この肩の痛みがあったのかもしれない

でも もし今 ろくすけが傍にいてくれたら

この痛みの半分は感じないだろうな・・・

旅立つ1日前のろくすけ

まだこのあたりの写真はツライ・・・

いかんいかん

何をお伝えしたかったといいますと

四十肩 五十肩 

必ず痛みは終わります!!!

激痛時は夜も寝られないし 鬱々としてしまいますが

必ず 再び 

自分の手で背中を掻けるようになります!

雑巾がけも出来るようになります!

棚のトイレットペーパーだって取れます!

ウエーブも出来ます!(しないて)

ツイストだって踊れます!(踊らんて)

なので どうか焦らず 出来るだけ楽しいことを考えて

上手に紛らわして乗り切りましょうね(^O^)/

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です