雪の日にろくすけを想う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は早くからしんしんと雪が降っていた ここ関西中部

水分含んだ雪なので積もらないと思うけど やはり相当寒い (´Д`)

暖房つける前の室温 3℃・・・

粉砂糖のようぢゃ

今年に入って1ヶ月が過ぎ

今日からとうとう2月 早いすね・・・

家中のカレンダーをめくったのが私の朝いちばんのお仕事

ろくすけを保護してくれていたARKの2月カレンダーは

こんな魅力的なワンちゃん達💛

たまらん・・かわいい・・・

ARKカレンダーには毎月の写真の下に

犬や猫に関する素敵な一文が英文と和文で添えられている

有名な作家から作者不詳まで様々な名文が

私はこれを読むのがとても好きで 今月の言葉をご紹介すると

「犬がいるからこそ、外に出る理由ができる」オルランド・アロイシャス・バティスタ

“A dog is one of the remaining reasons why some people can be persuaded to go for a walk.” – O.A.Battista

本当にその通りでやんす

ろくすけの居ない生活で 母ちゃんは運動不足で着実に体重増加中

ひとり外を歩くと 視界は自分の目の高さと同じ範囲だけど

犬と共に歩くと 

喜ぶ犬の顔を見下ろす

車が来ないか右向いて左向いてチェックして

💩すれば 一緒に腰を落として同じ目線に

あぁ そんな何気ないひと時が貴重だったんだなぁ( ;∀;)

ところでバティスタさんて 失礼ですがどちらさまで??

調べてみたら 化学者で作家 だそうです

犬好きってことだけで 勝手にお友達気分 あは♪

ろくすけがARKからやって来た当日の写真

私たちにオモチャを持ってきて 遊んで遊んで~

キリがないから もーやめた! って私が言うと

もっと遊んでよぉ~ とまとわりついて甘噛み

実はろくすけ

これほどまで私たちにベタベタ甘える行動はその後バッタリとなくなった

この写真を見るまでは あれ~ろくすけったら こんな子供っぽいことしてた?

それくらい珍しいこと

普段のろくすけの甘え方といえば

そっと体をくっつけてきたり 顔を舐めるくらいかな

オモチャなんて 何買ってあげても見向きもしなかったし( ̄▽ ̄;)

だから すっかり忘れてた こんな子犬のようなろくすけの仕草

それにしても この時だけなぜだろう? 

考えてみると

直前に 元飼い主に見捨てられて 保護されて

そんな環境の変化の中で 相当な寂しさと不安を抱えていたはずだ

だから このろくすけの行動は

「もうボクを一人にしないで 捨てないで」 

と 体をめいっぱい使って私たちに必死で訴えていたのだろう・・・

ごめんね 能天気な母ちゃんで

このとき もっともっと遊んで抱きしめて安心させてあげれば良かった

父ちゃんも母ちゃんも そんな君の不安をよそに

これから始まる君との楽しい生活だけを考えていたんだよ

だ・・ダメだ また嗚咽が・・・・

ろくすけのヒストリーや最後の様子をまとめようと思っているのだけど

まだ写真見ただけで涙が出てしまう情けない私💦

いつになったら書けるかなぁ(;´・ω・)

1年前の2月 

今日と同じ静かに降る雪を一緒に眺めたね ⛄

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です