お空へ渡ったお友達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ねえ ろくすけ

いま 母ちゃんの大事なお友達ワンコたちがあなたのところに向かっているよ

ちゃんとお行儀よく 愛想よく お迎えするんだよ

人間でも堪える今年の冬の寒さ

なんとか 頑張って乗り越えて欲しい と願っていたのだけど

寒いのいやぢゃー

ひと足お先に暖かいところへ行くのぢゃー

そんなことなのかな

ママさんパパさんたちご家族は それはそれは懸命に

自分のことも顧みず とびっきり深い愛情でもって

高齢になった我が子たちを支えて 励ましていたよ

そんな姿をのぞき見させてもらっていた

ただ それだけの身なんだけど 

勝手に併走してる気になっていた

だから

勝手に悲しがって 

勝手に寂しがっているだけ

まだ母ちゃんだって完全復活に向けて修行の身なんで 偉そうなこと言えないけど

少しずつ段階を踏んで ろくすけの居ない生活を受け入れてきている

そのプロセスがとても辛かったり 苦しかったりするけど

しっかりと旅立ちを見送られた素晴らしいご家族の皆さんが

再び 我が子の思い出話を聞かせてくれるまで

母ちゃん 楽しみに待っておこうと思ってるんだ

ろくすけ

みんなのご飯 横取りしちゃダメだよ

再び会えるときには 君の大好物の母ちゃんお手製サツマイモおやつ

いっぱい持っていくからね

うんうん 

みんなをよろしくね (*^^*)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ③号 より:

    ろくさん、
    バレンタインデーに、うちの吉右衛門がそちらへ行ったの。
    ぼへ~っとしていて、頼りないおじいわんなのよ。猫には優しいんだけど、犬づきあいがあまり上手じゃなくて、その割に女のコを見ると鼻の下が伸びちゃうの。
    お空でも女のコの匂いを追いかけて、迷子になるかもしれない。だからろくさん、吉をお願いね。

    おばちゃんは吉がいなくて寂しくてしょうがないんだけどね、
    ろくさんが、“母ちゃん”の言葉に入れる突っ込みに、クスッって笑うと、気持ちが明るくなるんだ。
    ありがとうね。

    • 吉さーん 
      ボクがお空で待っているよ。
      え?お家が心配?
      なら大丈夫、ボクはこの場を離れないから
      安心できるまで何度も様子見に降りたらいいよ。
      ボク、ちゃんとお迎えするって母ちゃんと約束したからね。
      たとえ美味しそうなオヤツが飛んでても、ふらふらなんて行かないよ。
      ぜったい 行かないよ ぜったい・・・

      こらーっ! by母ちゃん

      ろくすけもぼへ~~系だから頼りないし、、、
      ③号さん、姐さんにもご同席お願いできないでしょうか(苦笑)

      私は吉さんと③号さんの毎日にろくすけと自分を重ねて見ていたように思います。
      犬づきあいが悪いところも、最初は体触られるのが嫌いだったくせに
      段々抱っこが好きになったことも、病気の症状も、
      そういうところが更に愛おしくさせたことも、よく似ていました。

      こんなに私たちを虜にさせてお空に行っちゃうなんて罪な子たちですね。

      吉さん、ろくすけ、ちょいちょい顔出すんだよ~

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です