認知症はがんばってきた証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連休が明けて 本格的な5月スタートだというのに

やたら気温が下がって肌寒い わが関西地方

まるで季節さえも連休を恋しがってるようだ

昨日は母の姉が暮らしている 宝塚のグループホームへ行ってきた

御年91歳

そうだったね

動物好きのおばちゃんは 君に会って 犬と暮らしたいって言ってたんだよ

残念ながら実現しなかったけど・・・

グループホームは 認知症の方が我が家のように 

穏やかに暮らせるよう作られた少規模の施設

私は今までに何度も勉強やボランティアのために

グループホームを訪れたことがあるので馴染みがあるが

母にとっては行きたくない場所のひとつだった

姉を見舞いたいと ず~っと口にしてたくせに

私が日時を決めて いざ行かん! とすると

やれ体が重いだの やれ腰が痛いだの やれ寝てないだの・・・( ̄▽ ̄;)

躊躇する理由は2つ

その1 認知症になった姉を見たくない 「どちささま?」なんて言われたら・・・

その2 自分の近い将来を見るようで怖い・・・

そりゃ当然だよね(^^;)

叔母さんは思ったより認知症の程度は軽く

しっかりと 妹である母を認識してくれた(その娘の私は微妙だったけど💦)

そして再会を喜び 手を取り合い 涙した

あぁ 良かった!

ろくすけも 晩年は認知症で昼夜逆転の毎日だった

でも あの ろくすけと密着しつづけた あの日々が

ろくすけからの最後の贈り物として 今も心に温もりを与えてくれている

人間もそうであったらいいのにな・・・

おっと感傷に浸りそうなので 元気なろくすけに登場してもらおう!

今のこの時期はろくすけともよく旅をしました

一滴の水から海に至るまで 水モノは大っ嫌いなろくすけ

でも海が見たい父ちゃんと母ちゃんによく付き合ってくれたね

これは旅先でのドッグラン(といってもただの空き地っぽかったけど)のひとコマ

飼い主さんとまったり過ごしてた可愛くて大人しいトイプーちゃんに

めずらしく自分から寄って行ったろくすけ氏

うっ やっぱりコワイかも

ダメだ コワイ!

おじゃましましたっ!

なんやねん・・・( ̄▽ ̄;)

この間トイプーちゃん微動だにせず(笑)

そして その直後のろくすけ

バツの悪さを誤魔化そうとした のか?

最後の 「あれっ!?」 の叫びは母ちゃんこと 私

なぜなら ろくすけ ほんの数分前スッキリしたところだったのです あは

生涯 ろくすけにとってのドッグランは

走る場所でなく お友達を作る場所でもない

この場 なのでした 

く~っ(≧▽≦)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です