動物の園に行ってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しばらくの間 家のことやら地震の余波やら 

あまり心が落ち着かなくって 活動意欲がなくなっていた私

地震直後から 「もし ろくすけが居たら」「居なかったら」と考えるクセがついてしまい

しかもそんなとき思い出すのは 元気なときのろくすけじゃなくて

寝たきりの ちょっと悲しそうな表情のろくすけの顔なので

メソメソ時間がめっきり増えてしまってた(>_<)

いかんいかん 元気袋が空っぽだ チャージしなくてはっ!

私に元気をくれるのは 圧倒的に動物たち とゆーことで 

行ってきたのは 京都市動物園♬

暑いの苦手なくせに 重力に素直だったお尻を引っ張り上げて!

到着した瞬間

暑いだの ダルいだの お腹空いただの

そんなだらけた気持ちが一瞬で吹っ飛んだ

いきなりアイコンタクトしてくれたタイガー タイガー タイガーマスクゥ~♪(ベタな)

いーち にぃー さん しぃ~・・・

結局何匹いるのか分からなかったワオキツネザル君たち(≧▽≦)

サッカー日本代表に入ってほしいフェイント上手なツキノワグマくん💛

高得点!ペンギンシンクロペア( ̄▽ ̄)

普段 ちょっと歩いただけでも しんど・・・と弱音吐くくせに

この私が休憩もせず 何時間歩いても平気なくらい 

それほど楽しい楽しい動物園

そんななか 今でも一番心に残っているのは

微動だにせず寝続ける老ライオン

そしてこんな説明が添えられていました

あえて 来園者に見て感じてもらう ということ

動物園 という施設に対しては動物愛護の観点から賛否両論 議論されている

私も 大好きな動物たちを近くで見られる動物園が大好きなれど 

正直 同時に悲しくなることも多い

私達のために小さな空間に押し込めてしまってごめんなさい

耐えてくれているのに 能天気にきゃーきゃー笑ってごめんなさい

それでも私は動物園の存在をどうしても否定することができない

なぜなら 私自身が子供のころから今に至るまで

テレビや図鑑でしか見たこともない生き物に出会って 感動して 学んで

ますます大好きになって さらに喜びも悲しみも感じることが出来るから・・・

動物たちへの尊敬と感謝

それが動物園から私が受け取る大きなおみやげ

人間が偉いわけじゃない

勘違いしないように 奢らないように生きていかねば 

ありがとう 本当に

これから夏本番で大変だろうけど みんな元気に乗り切ってね

また会いに行かせてね(*´▽`*)


おかげさまで 余震はかなり減りました

忘れたころにゆらゆらっときますが さすがに慌てることもなくなりました

東北でも 熊本でも もっともっと大きな揺れを感じながら長い間生活されていたと思うと

どれだけ恐ろしかっただろう と改めて思います 

形だけだった我が家の非常持ち出し袋

充実しつつありますっ!

   

んなわけじゃいじゃろーが(笑)

ろくすけ 

君がいたら母ちゃん 君の避難準備だけは完璧だったと思うよん(^_-)-☆

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です