点滴が効いたのは・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

点滴を受けて 再び食べる意欲が出てくると期待していたけど

その効果は思いもしない方向に出てしまった

点滴して 目が開いて 多少の復活を感じた生命パワー

しかし そのパワーは 「吠える」 に全て使われてしまった

食べない状況はそのまんまで・・・

点滴後から丸二日

ろくすけは ほぼ 寝ていない

24時間 連続で吠え続けた 

我を忘れたように ろくすけとは別のろくすけが目をひん剥いて吠えている

ろくすけが死んじゃう! 

そう思って鎮静剤ホリゾンを2錠 無理やり口の中へ押し入れた

しかし まーったく効かなかった 

これも初めてのことだった

てんかん発作のときには いつもホリゾンのお陰で落ち着いていたのに

お守りのように大事に 多めにもらっておいたのに

その特効薬が 効かなかった(ノД`)・゜・。

昼夜逆転で深夜に吠えることはいつものことだが

一日中吠えるなんてこと 今までになかったし

なにより 当然ながら ろくすけの消耗が激しい

どうしよう

抱いても スライムのようにグニャグニャの体

この2日間で また痩せたのが手に取るようにわかる

どうしよう

丸二日 わめきちらし さすがにグッタリ でも 実は寝ていない・・・(;・∀・)

そして 食べない だけでなく

今回はじめて 飲まない

その結果 オシッコも出てない

これは危険だ 危険すぎる

とうとう尿毒症になったのかと ろくすけの口から体から

アンモニア臭をかぎ取ろうとする母ちゃん

まだ そこまではなさそうだ

そして 病院へ電話をして指示を仰いだ

吠えるのが止まらなければ ホリゾンを倍の量(ろくすけの場合4錠)を飲ませること

どうしても水分を飲まなければ再び点滴に来ること

やはり 点滴で得た「元気」は「吠える」ことに費やされてしまい

これは珍しいことではないそうだ

なんてことだろう

ろくすけ 君は今まで吠えるどころか 声一つ出さない子だったじゃないか

なのに なぜ今になって吠えようとするんだ?

吠える快感を17歳にして初めて知ったのか?

吠えると自動的にダッシュしてくる母ちゃんがオモロイのか?(ま そうだろうけど)

今もなお 朦朧としながらも寝ていない

やつれたろくすけの体 頭蓋骨を触ってるかのようなろくすけの頭

順に撫でながら 涙が落ちてきた

食べられない 飲めない

これは ろくすけの体が最期への準備を整え始めているからでないのか

それなのに 流動食を流し込んだり 点滴をすることは

逆にろくすけを苦しめないだろうか 

そんな考えがグルグル頭を回る

回るけど 私も寝不足のために出口が見えない

遠からずやってくる そのとき

もう2年も介護しているのだから 十分に覚悟する時間は与えられてきたはず

そう そうなんだけど

でも 母ちゃん やっぱり 無理だ ろくすけ

まだ 無理そうだよ ごめんね

思わず涙が溢れて ろくすけの顔に落ちてしまった

だめだめ 笑顔でいないと

ろくすけってやつぁ薄目開けて しっかり母ちゃんのこと観察してるんだから

母ちゃん 泣いてなんかないからねっ

ほら見てごらん 母ちゃんの輝くスマイルをっ(*^▽^*)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ③号 より:

    うちの老犬も、昨年12月に「2、3日」宣言されて、今年の3月には吠えすぎて全く食べなくなって、もうダメだと何度も覚悟を決めました。お気持ちお察しします。

    吉はまだこちらにいてくれます。同じ奇跡がろくすけさんにも起こりますように。

    • ③号さん、メッセージくださってて、、ありがとうございます( ;∀;)
      返信が遅くなり申し訳ありません。
      ろくすけがまだ私の元にいるときにいただいたメッセージなので、
      今読んでまた涙が・・・・
      吉さんのようなパワーはもうろくすけに残っていなかったようですが
      精一杯生ききってくれたことは間違いありません。
      ろくすけの奇跡は吉さんにバトンタッチです!
      吉さん、頑張って!!!

  2. ③号 より:

    ろくすけさんが旅立ったと、ツイートで今、知りました。
    17歳と6ヶ月。
    ろくすけさんの大きさの犬であれば、とても長生きしたと言えるのでないでしょうか。
    いろいろな病気を抱えていても、ここまで長生きできたのは、あすかさんの手厚い看護があったから。
    ろくすけさんは、天寿をまっとうしたのだと思います。
    どうか、安らかに。

    • はい、大往生なのは間違いないですよね。ありがとうございます。
      17キロだった体重は13キロ近くまで減っていましたが、それでも
      体にあばら骨が出ることなく、肉付きのあるまま眠ってくれました。
      最後までみじめな姿を弱虫飼い主に見せることなく
      立派に旅立ってくれたのだと思います。
      うわーん、でも寂しいです~~会いたいよぉ~

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です