もう6年 まだ6年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東日本大震災から今日で6年

父が亡くなった直後の大地震だった

悲しみが癒える前に 再び悲しみがやってきた

ただ 父が大震災を見ることなく亡くなって良かったと今でも思う

父はとても繊細な人だったから 

自分の苦しみの上に他人の苦しみが重なり 穏やかな最期を迎えることは

出来なかっただろう

幸運にも偶然にも 私たち家族や友人などに大震災の被害はなかったが

おそらく あの時 すべての日本人が被災地と被災者に想いを馳せていた

しかし時間が経つにつれ 明らかに私の記憶の中で薄れてしまっている

いけないいけない と思いながらも この1年で何度思い出しただろうか

東北産の食べ物を買う以外 何かしただろうか

人間の忘れる能力は生きるために必要なものだけど 

忘れてはいけないことは忘れない なんて忘却力のコントロールが出来たらいいのに

でも そんなこと出来たら私でも東大に入っちゃうかな (入れん入れん)

今日のテレビ 特にNHKで一日中大震災の特集が流れている

久しぶりに見るあの忌まわしい映像

被災地のいま 被災者のいま 

生活再建できているひと できてないひと

考えさせられる一日となった

はたして被災地にとって もう6年なんだろうか

それとも まだ6年なんだろうか・・・

ろくすけ 君の仲間たちもいっぱい辛い目にあったんだよ

家族と離れてしまった子たちはどれだけ寂しかっただろう

みな 甘えたで家族が大好きなんだもんね

でも いっぱいの強くて優しい人たちがそんな子たちを助けたんだ

それを知って 人って素晴らしいな って心から嬉しかった

ろくすけ 生きている ということは本当に偶然なんだよ

君は年を取って体も不自由だけど 

生かされていることに感謝して生きようね

なんてことを考えながら 空を見上げて黙とうをした夜でありました

被災者のみなさん全員に穏やかな日々が戻りますように

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です