いやし犬 まることろくすけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お?

ぽんちゃん 読書かい?

(※注:ボクは「ぬいぐるみ」ではありません 「ぽんすけ」=「ぽんちゃん」です 

ろくすけ兄ちゃんの身代わり いや 代わりに母ちゃんを癒すためにやってきた

ひとじち いや いけにえ いやちがう おとうと分です)

いやし犬 まるこ?

なんて可愛い子! ちょっと見せておくれ

・・・ ( ̄▽ ̄)

こんなろくすけだからか

動物病院の先生に 「ろくすけちゃん セラピードッグになれるよ」と

言ってもらったことがある

穏やかで吠えないし 攻撃性皆無だし 

なにより 人間を信用している

うん 確かにこれは基本だね

母ちゃんはもともと 高齢者や障がい者の方々を笑顔にする

アニマルセラピーという動物介在療法(医療のひとつ)や

動物介在活動(ふれあい活動)に関心を持ってたから

先生のこの言葉はとても嬉しかったんだよ

ただ 

君をセラピードッグにしようとは思わなかったさ

だってね もうひとつ セラピードッグに必要とされる大事な資質

「あわてない」 が備わってなかったからさ

普段はぽ~っとしてるくせに 手や足を触ったら速攻逃げるし

あわよくば抱っこでもしようものなら 

母ちゃんのアゴにアッパーパンチ食らわしてくれた

水がかかれば可笑しいほど慌てふためくし 

雷ゴロゴロ 猫ちゃんニャーニャーでぶるぶる震えだす・・・

なぁ ろくすけ君 

触られないとセラピーにならんのだよ

だからね 君はそのまま 食べ物にいやしい方でいいんだよ(^▽^;)

で この本の主人公まるこちゃんはもともとは野犬の子犬

野犬の子特有の人間嫌いや攻撃性はなく

キレイな白い毛と可愛い顔でセラピードッグに抜擢された逸材 

これは子供向けに書かれた本(漢字にはルビがふってあるよ)

だけど 犬を迎える決定権を持つ大人にも是非読んでほしいなと思う

ここには 人間に捨てられた犬たちを救おうと日々活動する人たちが

いっぱい登場する

人に捨てられて 人に救われて そして今 人を救っている

ううう なんて素敵なんだ・・・( ;∀;)

でもね ろくすけ

ヒトを救う と言うのは何もこのようなお仕事することだけでないんだ

犬や動物と暮らしている大部分のヒトビトは 

君たちの命を預かることで毎日とっても心を救われているんだ

つまり

家族専任のセラピードッグってことだね💛

と そんなことを考える切っ掛けを作ってくれる本

姪っ子にも読んでもらおっと♬

え? ろくすけ 君も読みたいってか?

寝とるがな

それにしても

父ちゃんも母ちゃんも年を重ねて いずれ高齢者施設に入ることもあるだろう

そんなとき まるこちゃんのようなワンちゃんが寄り添ってくれる

そんな施設に入りたいなぁ

これからそんな施設が増えてくれるといいんだけど

いやね 実は母ちゃん自身が作りたかったんだけどさ

うーん やっぱり無理みたいだ・・・

だってさ

いまだに宝くじ当たらないんだもん

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です